無料 レンタルサーバー

目次

日本刀

日本刀(にほんとう、英:Japanese sword)は、日本に於いて唐太刀をベースにして、独自に発展した方法で鍛えられた刀剣類の総称。寸法により刀(太刀・打刀)、脇差(脇指)、短刀に分類される。広義には、長巻、薙刀、剣、槍なども入る。 刀を作る職の者を「刀工」、「刀匠」、「刀鍛冶」という。

概説

古来から武器としての役割と同時に美しい姿が象徴的な意味を持ち、美術品としても評価の高い物が多い。皇室、神社などの古くから続く血統では権威の証としての宝剣(草薙剣など)が尊ばれていた。また武家政権を背景に「武士の魂」として精神文化の支柱として機能した。 その特徴は、"折り返し鍛錬法"で鍛え上げられた鋼を素材とする点と、刀身となかご(茎、中心)が一体となった構造である。茎には刀身を目釘で柄に固定する目的の孔(目釘孔)が設けられている。また、日本刀は諸外国の刀剣類と異なり、外装品(拵え)とは別に刀身自体が美術的価値を発揮していることを以って最大の特徴である、と言える。 美術的価値のみならず、実用的な武器として長い歴史の中で主力・補助的武器として活躍・改良され、斬ってよし・突いてよしの日本刀は、刀剣類の中では最強・最高峰の呼び声も高い。

出会い
無料 レンタルサーバー